ニキビ・肌荒れ

ニキビ・肌荒れ

化粧水に頼りすぎない

肌荒れやニキビが出来るだけでその日一日が憂鬱になるという人も多いでしょう。

肌が綺麗かどうかで全く印象というのは変わってくると思います。特に清潔感をアピールする上で肌のキメ細やかさというのは大事だと思います。

肌がちょっと荒れるだけでもその日1日が残念な気持ちになりますし、早く治って欲しいと思うわけですよね。

今は男性でも化粧水をつけるのが当たり前となっていて美容に関する意識はもう男女問わず高くなっているのです。

そもそもニキビが出来るメカニズムとしては皮脂が毛穴につまり、アクネ桿菌が影響して炎症が起こっている状態です。

皮脂は、本来であれば皮脂腺から分泌されて毛穴からスムーズに排出されていくのですが、皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴周辺の角質層が厚くなることで、毛穴につまりやすくなっていきます。

特に思春期などはホルモンバランスがとても不安定になるので皮脂が過剰に分泌されてしまうため顔や胸、背中などに、ニキビが表れやすくなってしまうのです。

思春期に出来るニキビというのは出やすいものですが、大人になってもできやすい人、出来づらい人というのは普段の食生活などが肌に反映されるわけです。

漢方では、「肌は内臓の鏡」と言われるほど身体の内側の状態が、皮膚に出てくると考えられています。

ニキビや肌荒れなどがありますが、ニキビの色(白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ)と成長や炎症の度合い、できやすい部位などからそれに見合った漢方薬を処方してもらいましょう。

西洋医薬品では今あるニキビを治すものが多いですが、漢方薬ではニキビが出来づらい体に改善していくので、なるべくニキビが出来ないようにしたいと思ったら漢方薬を試してみましょう。

ニキビは細かく言うと出来る箇所や種類によって処方されるものが変わってくるので自己判断をせずに、病院などでも「このニキビを治したい」とかできやすい種類のニキビをある程度特定してから先生に相談をしてもいいでしょう。

ニキビの治療で用いることが多い漢方薬としては

・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
赤ら顔で、ときにのぼせのある方のにきび、顔面・頭部の湿疹など

・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
体力中等度以上で、皮膚の色が浅黒い方のにきび、慢性鼻炎など

・桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
比較的体力があり、肩こり、頭重、のぼせて足冷えなどがある方のにきび、しみなど

とはいえなかなか普通の人が把握をするというのは難しいので先生に素直に相談したほうがいいと思います。

また外見的なニキビだけの改善ではなくて、ニキビが出来る背景として便秘や下痢の胃腸障害があればお腹の調子を整えたりする漢方や冷えに効く漢方などを合わせて処方されるケースもありますし、ニキビが化膿しやすい人は、免疫力を高めて感染しにくい体質に変える薬を処方します。

また根本的な改善をしていくことで、ニキビが治るだけではなくて肌荒れ改善やお通じの状態もよくなったり、生理不順が改善されたりもします。

体の内側から改善していくことで健康的な肌になるのです。

↑ PAGE TOP