生理痛

生理痛

ホルモンバランスを整える

女性は必ず毎月来る生理ですが、この生理が重かったり痛みを感じる人も今増えてきていると言われています。

月経痛に関しては個人差はありますが、痛みや不快感や倦怠感など様々な症状が出ると言われていて生理は別に何も辛くないという人はいないでしょう。

あまりにも生理痛ガ痛くて鎮痛剤を飲んだり、めまいや貧血などで寝込んだりする人もいて仕事を休まなければいけないほどの方もいて日常生活に支障をきたすほど症状の重いものを「月経困難症」と言います。

たかが生理痛と思うかもしれませんが、生理痛には子宮筋腫や子宮内膜症など、これから何かしらの病気があるサインかもしれませんので今までの生理のときに感じたことの無い痛みが生じた場合は念のため病院に行くほうがいいです。

月経痛や月経困難症などは主に血液や血液循環の何かしらの不具合によって起こるとされています。

漢方では「血」そのもの以上だったり、血流、血行の不良のどちらかでもアプローチして改善へと導く漢方薬があります。

西洋医学と併用して漢方による治療などもしていくことが出来ます。

生理というのは毎月来るからこそなるべくきちんとしたサイクルで訪れて痛みを軽減させたいというのがあると思います。

また生理痛から来る痛みの延長線上にある機能性月経困難症の痛みの原因は、子宮の強い収縮、骨盤内のうっ血、自律神経の乱れなどがありますが、主な原因と考えられているのが、子宮の収縮によるものです。

月経になると、「プロスタグランジン」という生理活性物質が子宮内膜で作られるのですが、プロスタグランジンが子宮の平滑筋という筋肉を強く収縮させることで、要らなくなった子宮内膜がはがれ、外に排出されます。

この一連の流れが月経なのですが、このときの収縮が過度に起こってしまったり、収縮に対して過敏になってしまうことで痛みと感じるようになります。

子宮が未発達で子宮口(月経血の通り道)が狭い場合や、子宮後屈など子宮の位置が正常ではない場合は、とくに痛みが起きやすいようです。

また妊娠・出産を迎えると痛みが強くなるケースもあり、その逆に軽減されたりすることもありますが、育児ストレスによって自律神経が乱れて女性ホルモンが乱れたりして痛みが増すこともあります。

また、器質性月経困難症の痛みの原因は、病気によって異なるので一度は痛みが酷い人は耐えるだけではなくて病院で診察してもらうようにしましょう。

漢方医学では、古き時代だから月経と女性の不調との関係について研究がされてきました。

江戸時代の中期から後期からすでに「婦人の病気を治すにはまず月経についてきちんと話を聞くこと」という書まで出ているのです。

漢方の考え方のひとつに、「気(き)・血(けつ)・水(すい)」という考えがあり、この3つのバランスがしっかりと安定して取れていると健康的な体であり、そのどれか1つ、あるいは複数で異常が出た場合病気や不健康を招くといわれています。

月経痛や月経困難症は、主に「血」、つまり血液や血液循環の異常で起こりますので血の異常には、血行が滞って血行不良になる「お血」と、血液が不足した「血虚(けっきょ)」があります。

そういった問題を漢方薬を用いて、血の異常を治し、月経痛を和らいで行きつつ、バランスを戻してイクのです。

生理痛が毎月辛くで鎮痛剤を毎月飲んでいるという人は漢方薬で改善して和らいでいく道も模索していってもいいでしょう。

↑ PAGE TOP