花粉症・鼻炎

花粉症・鼻炎

花粉症に悩む人は年々増加

花粉症や鼻炎に悩まされている人は多いですよね。

コンクリートで花粉が土に吸収されないまま地表に残ってしまうため、花粉症患者は年々増えているそうです。

花粉症シーズンの時は一歩も外に出かけたくないとか、花粉症が酷すぎて仕事が出来ないという人もいれば、家の中にいても花粉症のせいでゆっくり眠ることも出来ないという人もいるわけです。

花粉症に悩まされる人や鼻炎に悩む人もいると思いますので漢方薬を使って改善していきましょう。

花粉症の原因となる花粉・他にはハウスダストやダニなどのアレルゲンとするアレルギー反応によって起こります。

今は平気かもしれませんが、徐々に蓄積されていくことで将来突然、花粉症になる可能性もあるわけです。

特に日本では杉やひのきといった花粉が多く植林されているので、花粉症というのは日本の国民病とも言えるわけで、今後も多くの人が苦しんでしまうかもしれません。

西洋医学では花粉症などの医薬品も発売されていたり、レーザー治療によって鼻の粘膜を焼いたり、花粉症のシーズンの前に花粉などのアレルゲンを少量ずつ体に入れてアレルギー反応を鈍らせる方法などがあります。

漢方治療の場合、症状そのものを抑える治療と、病気になりやすい体質を改善して病気になりにくい体を作る治療に分かれます。

これは花粉症の治療に限らず、多くの漢方治療で共通する治療方針で、両方の面から改善をしていくのです。

花粉症の治療としては鼻水や鼻づまり、くしゃみなどを治す治療とアレルギー体質を改善することになります。

漢方の治療では、花粉症の症状を「体内の水分バランスの異常(水毒)」と考えられていて、水毒とは必要なところに水分が少なく、逆に必要の無い部分に沢山水分が溜まっている状態を指します。

イメージしづらいかもしれませんが、鼻水や涙目などはまさに不要な場所に水分が溜まっているからこそ排出しようとするわけです。

鼻づまりも鼻の粘膜に水分が貯留して膨張して起こります。

まず、漢方では水分のバランスを整えることを第一とします。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)は、たんを伴うせきや鼻水が出る方のアレルギー性鼻炎、花粉症に使用されることが多く小青竜湯の治療効果については、臨床試験によって鼻水や鼻づまりの高い効果があることが認められています。

他にも麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)は、体力が無い人や手足に冷えがある方のアレルギー性鼻炎に使用される薬です。

花粉症の原因が水の偏りによるものというのはなかなかイメージしづらいかもしれませんが、花粉症がきつくて外に出たがらない人も多く、多くの水分を溜め込んでしまっている人もいますよね。

バランスが非常に漢方の世界では重要視されるので体内のバランスを整えるだけで内側からの変化を感じることが出来ると思います。

↑ PAGE TOP