便秘

便秘

便秘は体に悪影響を与える

女性は便秘に悩む人が多いですよね。

「もう3日も出ていない・・・。」みたいに思って悩んでいる人も多いでしょう。あまりにも力みすぎてしまうとお尻にも影響を与えてしまいますので気をつけなくてはいけません。

便秘による悪影響を考えると1日1回は出て欲しいわけです。本来、排泄物であるものが体の中に溜まっている状況というのはやはり体に決していい影響は与えません。

主に便秘の症状は2つ。

○弛緩(しかん)性便秘=太くて硬い便が多く、原因としては運動不足や食物繊維をとらない普段の生活が影響からくる便秘です。

○痙攣(けいれん)性便秘=コロコロとしたウサギのような便が特徴で、ストレスなどから腸が痙攣性の収縮運動をしてしまうため、腸の内容物が正常に運ばれなくなり便秘になってしまいます。

どちらの便秘であろうとも普段の生活が大きく関わっていることが多いです。

便秘の自覚症状は年齢を重ねるごとに多いと言われています。

また便秘の人は増えており、この原因として上がっているのが和食中心の生活から、欧米化した食生活による変化や運動をしないライフスタイルが問題となっていることです。

特に食物繊維不足になっている人が多いです。

少しでも便意を感じたらトイレに行くように心がけて我慢をしないようにしましょう。やはり便というのは出すことで健康になります。

便秘というのはお通じが出ない状態のことを指しますが、はっきりとした定義がありません。

医学的に2~3日に1回程度あってなかなか便が出ずにお腹が張って苦しいと自覚症状がある場合が便秘とされています。

若い人の場合は便秘のせいでぽっこりお腹になってしまうことも多く気にする人はかなり気にしているといっていいでしょう。

便秘を改善したいと思ったらまずは食生活や生活習慣の見直しがとても大事です。

とにかく最初に便意があろうとなかろうとトイレに行く習慣をつけましょう。体に排泄するというのを意識付けさせることが大切です。

また野菜や海藻類、きのこ類などを積極的に摂る生活にしてください。例えば肉などを摂るにしても野菜ときのこを一緒にいためるなど、食物繊維が取れやすいように工夫することが重要です。

さらに便意がわいたらすぐにトイレに行くようにしてください。さらに定期的な運動をすることを忘れずにとにかく腸内を活性化させることが重要です。

それでもなかなか便秘が治らないという人は漢方薬を使いましょう。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)というのは便秘薬のほとんどの漢方薬に配合されているほど有名です。

他には桂枝加薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)も有名です。

このほか、ウサギのフンのようにコロコロした便は「水」の不足で起こると考えられることから、潤いを与える麻子仁丸(ましにんがん)・潤腸湯(じゅんちょうとう)などがあります。

自分の便のタイプから処方される漢方が違います。

便秘が治ると、ぽっこりお腹もなくなるので見た目的にも治したいという人にもオススメできます。

↑ PAGE TOP