冷え性

冷え性

慢性化する前に相談する

冷え性は女性に多い悩みであり、実に成人女性の半数“以上”が冷え性で悩んでいるとも言われています。

特に手足の先は体の末端に位置するため真っ先に冷えやすいですし、腰が冷えると悩んでいる女性も多いのです。

どうしても女性の場合は月経などから貧血気味の人も多く女性ホルモンの乱れから自律神経のバランスを崩しやすいことから男性よりも冷えやすいといわれています。

ただし、男性もここ最近は冷えに悩んでいるという人も多いです。

冷え性の原因として多いのがやはり自律神経が深く関わってきます。

自律神経は体温調節に深くかかわっている部分とも言えます。

体が熱いときは熱を放出し、寒い時などは筋肉の震えによって熱を生産したりする役割を持つのが交感神経と副交感神経からなる自律神経です。

これが何らかの理由で自律神経が乱れてしまって体温調節がスムーズに行われにくくなると、冷えの症状となって現れてしまいます。

自律神経が乱れる原因で多いのが過剰な冷暖房、食生活の乱れ、不摂生、ストレスなどが挙げられます。とくに夏場の冷房が問題です。

会社などでは過剰に室内が冷やされていることもあり、夏場の暑いときの気温差は±10以上の温度の時もあるでしょう。

特にここ最近の日本は年々気温が上昇傾向になっているため室内でガンガン冷房をかけているところも珍しくありません。

そんな中で外と室内を行ったり来たりしている毎日が続けば当然自律神経に負担がかかってしまいます。

そのせいで体温の調節機能が低下して、うまく働かなくなってしまうのです。

夏場だけではなくて、冬場でも逆のことが言えます。

特に冷え性によって辛いのが月経痛などの女性は影響を受けやすいということもありますよね。

手先が氷のように冷たいというのは体に不調が起きているサインでもありますのでたかが冷え性とは思わないほうがいいです。

まず仕事が辛いのであればブランケットや羽織るものなどを夏場でも用意しておいて暖かい格好で過ごすことが大切です。

漢方の世界では冷え性というのは「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のどれかしらのバランスが崩れていると考えています。

冷え性の女性が増えている理由として食生活の乱れも挙げられますが、何よりもストレスによる自律神経の乱れから来ることが多いです。

ストレスを改善する漢方薬として抑肝散(よくかんさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、香蘇散(こうそさん)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、四逆散(しぎゃくさん)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などがよく用いられます。

冷え性からくる病気というのは女性にとってはかなり辛いものになるので、まずは急に冷え性とかになったのであれば、原因を特定しましょう。

↑ PAGE TOP