漢方と東洋医学で健康生活を送る

漢方と東洋医学で健康生活を送る

健全な体で過ごすという捉え方

漢方は昔からあるので名前ぐらい聞いたことがあるという人もいればなんとなく知っているけれども詳しくは知らないという人も多いです。

あまり東洋医学だったり漢方に関しては詳しく知らないという人のほうが多いのではないでしょうか?

東洋医学や漢方って聞くと正直に言って「あまり効かなそう」とか「胡散臭い」というイメージがあるかもしれません。

イメージが定着をしてしまってついつい東洋医学よりも西洋医学のほうが信用してしまうという人もいると思います。

しかし、東洋医学は古来から受け継がれてきており、西洋医学に負けない効果を発揮します。

漢方や東洋医学というのは然界にある植物や鉱物などの生薬を、原則として複数組み合わせて作られた薬です。

また漢方の世界では昔から経験的に使われてきた主に一種類の薬草からなるものを「民間薬」と言われていて家庭で治せる範囲のケガや病気に使われてきたものです。

切り傷やすり傷などにはユキノシタが効く!なんて言うのをおばあちゃんから聞いたことがあるかもしれません。また漢方とは違いますが、卵の薄皮を切り傷やすり傷に覆うように貼り付けておくと治りが早くて傷も残りにくいなんていうのも生活の知恵ですよね。

そういったものを「民間薬」と表現します。

そして漢方薬はそういった効果があるものを最適に組み合わせたものです。

漢方薬はこれまでに何千年もの間試行錯誤が繰り返されてきて実験と検証が行われてた治療の経験によって最適な組み合わせをするのが漢方薬ですから効かないというものではありません。

病院でも処方されていて、健康保険が適用されている「医療用漢方製剤」なのです。

漢方は決して胡散臭いものではなくて、しっかりとした薬なのです。

また漢方薬も進化しており、自然の恵みを最新技術を駆使して「製剤」として本来もつ薬効を引き出しながらも飲みやすくかつ保存しやすくされています。

どうしてもどんぶり勘定で適当に選んでいるんじゃないの?って疑ってしまっている人も多いと思いますが、漢方薬は原則として2種類以上の生薬を、決められた分量で組み合わせて作られたものです。

さらに漢方薬は副作用がないと思っているかもしれませんが、副作用はあります。

場合によってはアレルギー反応を起こすこともありますので服用したときにおかしいと思ったら専門の医者に相談をすることが大切です。

それでも西洋の医薬品と比べると副作用は少ないでしょう。

漢方は当初は中国で生まれましたが、日本育ちといっていいほど古くから定着しており、日本人にあった独自の発展を遂げていて日本の風土や環境に、体質、生活に合わせた医学に進化していきました。

漢方はその人に応じて複数ある漢方の中から診断して最適な薬をカスタマイズしてくれるのです。

人によってはアレルギーがある人などもいたり、個人差があったりします。経過などを見つつ薬を変えたりしてくれるのです。

もっと漢方を身近に感じて欲しい、もっと手軽に使えるように知って欲しいと思いますのでここでは身近な悩みに対して様々な漢方を紹介していきたいと思います。

西洋医学との使い分けも出来る

よく思い込みなのかもしれませんが、西洋医学を使っていたら東洋医学を使ってはいけないとか、東洋医学を使っていたら西洋医学は使ってはいけないみたいな風潮になっていますよね。

なんとなく利用者も昔からどっちか一方しか使ってはいけないみたいな感覚でいると思います。

もちろん東洋医学と西洋医学においても薬の作用が相互作用となってしまって薬が効きやすくなってしまっているとか、逆に相殺しあってしまったりして効果が発揮できなくなると言うこともあると思います。

とはいえ別にどちらか一方しか使ってはいけないというものもありません。

使い分けてもいいですし、別に相互作用もなければ相殺しあうような組み合わせをしなければ問題は特にありません。

イメージ的には西洋医学は即効性があり、すぐに治すイメージがありますが、漢方は体の内側から治していくため時間がかかるという印象があると思います。

例を挙げるのであればED治療薬が有名ですよね。

実は東洋医学にも勃起不全を解消させる効果がある漢方薬があります。

しかし、改善してするためには時間がかかりますよね。

今すぐ性行為をしたいと思ったら西洋のED治療薬を使えばいいのです。

ED治療薬で非常に有名なのがバイアグラです。

バイアグラといえば世界中の老若男女問わず誰もが知っている治療薬ですよね。

世界ではじめて医薬品として認められた薬とあって多くの人が買い求めていたことと思います。

しかし、バイアグラが誕生したのは1998年と2018年現在から考えると20年以上も前の薬です。

バイアグラは今も多くの人に利用されていて多くの人が効果を実感している薬ですが、知られていないかもしれませんが、ED治療薬にはバイアグラ以外の医薬品も誕生しています。

バイアグラより凄い!次世代のED治療薬が続々と誕生しています。

バイアグラの次にレビトラです。

レビトラは世界的先進医療国であるドイツの大手製薬会社バイエル社から発売されて第2のED治療薬とも呼ばれています。

バイエル社といえばアスピリンを開発をしたことで一躍有名になった会社です。

そんなレビトラはバイアグラと似た化学式ですが、主成分のバルデナフィルは水溶性であり、非常に溶けやすい性質を持っています。

ですので服用してからすぐに胃の中で溶けて成分が吸収されるので即効性があります。服用してから早い人で15分ごろから効果が現れはじめるとあって、だいたい30分ごろには多くの人が効果を実感することでしょう。

そのため性的欲求やそういったシチュエーションをする雰囲気になった時に服用さえすれば十分に間に合います。

先に相手をシャワーに行かせている間に1錠服用してその後にシャワーを浴びて服用すれば十分に痩せることができます。

この即効性があるので非常に使いやすいと言われていますし、バイアグラと似ているのでバイアグラを服用して効果が出るという人にもレビトラは十分に効果を発揮すると言えます。

レビトラの知名度は日本でも高まっています。

レビトラの次に発売されたのがアメリカのイーライリリー社から発売されたのがシアリスです。

シアリスは日本の病院で発売されている一番新しい薬であり、第3のED治療薬とも呼ばれ勃起不全に悩んでいる人は利用したことがあるという人もいるでしょう。

シアリスはこれまでのバイアグラとレビトラとは違い、遅効性であり、服用してから個人差はありますが、だいたい3時間ほどで効果が発揮し始めます。

え?それって使いづらくない?って思うかもしれませんが、シアリスは最大36時間もの効果を持続するとあり、1錠飲めば1日半もの効果を発揮するという特徴があります。

また徐々に溶けだすため副作用もそこまで強くないということもあり、これまでのED治療薬の場合副作用が強く出てしまうという人にもオススメなのがシアリスです。

シアリスは世界でNo.1のシェア率にも選ばれたことがある非常に日本でも注目されているED治療薬です。

しかし、世界はさらに進んでいて今は第4のED治療薬であるアバナ(ステンドラ)がすでに2012年に誕生しています。

日本では2018年時点ではまだ承認されていませんので病院で貰おうとしても難しいです。

でもED治療薬を病院に行ってもらいに行くのは面倒だと思っている人もいるでしょう。恥ずかしくて行けないとかわざわざ病院に行くのも気が引けるという人もいれば行く時間もなければ病院がそもそも近く似ないという人もいるでしょう。

そういった人は通販で購入すればいいんです。

通販ならば24時間時間も場所も関係なく利用することが出来ますし、わざわざ病院に行く時間を作る必要もありません。注文をすればもう届く時代になったのです。

ただ、Amazonや楽天では手に入れることが出来ませんので医薬品個人輸入代行サイトを利用する必要がありますが、利用者側からしてみれば普通の通販と変わらないので別に問題なく利用することが出来ます。

例えば普段はバイアグラを使っているけれど、副作用がちょっと強いから副作用の少ないシアリスを使ってみたいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用さえすればシアリスを通販で購入することも簡単です。

ED治療薬といえばやはり最初はバイアグラをイメージしますよね。

新しい薬もどんどん出てきています。

しかし、最終的には薬無しで自分の力だけで勃起をしたいという人もいるでしょう。

そんな時には漢方を使って体の内側から改善して行く方法があるのです。

いますぐ使うED治療薬と、徐々に改善して行く漢方薬と使い分けていくことが大切なんです。

当サイトでは漢方薬の魅力だったり、悩んでいる症状に合わせて漢方薬を紹介していきたいと思います。

↑ PAGE TOP